[2017年8月]澳門大学(中国) 金城さん 総合文化学部英米言語文化学科

みなさんこんにちは、澳門大学に交換留学生として滞在している金城 利奈です。私が澳門に来てから約一か月が経ちます。澳門の気候は沖縄と似ていて、とても暑く湿度が高いです。私は澳門大学の寮に住んでいて、週に十五食は寮の食堂で食べます。オリエンテーションを終え、講義が始まりました。私は英語教育に関する講義、政治、英文学等の講義を受講しています。講義は全て英語で行われます。講義では、自分の意見を求められる事が多く、発表する機会も多いです。発言しない人が目立つほど、講義では学生が活発に発言します。講義は基本的に少人数制で、グループワークが多いことも澳門大学の特長といえます。講義が英語で行われているからといって、学生が英語で発言するとは限りません。クラス内では中国語も飛び交います。私は中国語を勉強したことがないので、この機会に始めようと思います。寮でも基本的に中国語での会話なので、うまく意思を伝えられない事も多々ありますが、中国語の能力を伸ばすいい機会なので頑張ります。

 澳門大学には日本や沖縄に興味を持っている学生が多くいて、よく質問をされます。アニメや日本語に関する質問だけでなく、ときには政治や経済、税金に関する質問もあります。特に政治や経済に関する質問は意見を聞かれます。自分の中で考えがまとまっていないと、人に伝えることは難しいと思いました。また、単語一つで伝わり方が変わってくるので言葉選びに気をつけたいと思います。

 他の大学から交換留学生として来ている日本人が約14人いるので、お互いに情報交換をしながら交流しています。10月にはフードフェスティバルが開催されます。フードフェスティバルとは、一般客や澳門大学の学生が各国の料理を食べ比べ、投票しランキング付けする行事です。日本チームはおにぎりを提供する予定です。おにぎりの魅力を伝え、日本に興味を持ってもらえるように皆で協力していきます。沖縄を離れて気づいた沖縄の魅力、日本の良いところをこの行事を通して発信していきたいと思います。
     


サイト内検索

グローバル教育支援センター
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
グローバル教育支援センター
TEL:098-893-7668
FAX:098-893-8932
 

ページの先頭へ戻る