[2017年11月]東海大学(台湾) 冨着さん 法学部地域行政学科

日本はもう冬の季節になりましたが、台湾はまだまだ、秋の終わり頃です。朝、昼、夜の温度差が激しく、着る洋服を選ぶのがとても難しいです。華語中に通うのも残り1ヶ月半を切ったので、みんな船便で荷物を日本へ送る準備をしています。台湾の冬は、沖縄の冬に似ていて風が強く寒いです。なので、冬になる前に旅行に行こうと思い、台東と台南に行きました。

 台東は、綺麗な景色がたくさんある場所で有名です。ですが、私たちが住んでいる台中からとても遠く、移動時間は約6時間かかります。交通手段は、電車とバスを利用しました。電車だけだと高いので、やすい方法を自分達で探して台東に行きました。台東に着いて、まず海に行きました。台湾に来てあまり海を見ていなかったので少し感動しました。ですが、沖縄の海と違い、透明ではなく灰色がかっていて波が凄く荒らい印象でした。その後、観光夜市に行きました。台中と比べると物価が安く、量も多かったです。台湾に来て気づいたことは、南側の方は果物がとても美味しいことです。また、物価もやすいのでたくさん食べました。私達は、2日目に池上という所に行きました。そこは、駅弁が美味しいと有名なのでそれを食べる事にしました。中には、茶蛋や漬物、ソーセージ、日本のカツオふりかけに似たような物が入っていて、とても美味しかったです。その後、4人乗り電動自転車に乗り観光をしました。麦畑や水車を見たりして、景色を楽しみました。台東では、自然の景色を楽しむことができてとても楽しかったです。

 台南は、食べ物が美味しいと有名です。また、奇美博物館も有名です。私達は、台南に着いてすぐ、碗粿と鴨肉飯を食べました。碗粿は沖縄で言うジューシーの味がしました。それから、哈密瓜(メロン)にアイスが乗っているものを食べました。台湾ドルで200元なので、日本円にすると800円ぐらいです。日本の物価では考えられないほど安かったです。その後、台湾で2番目に美味しい雞肉(チキン)のお店に行きました。私達が行った時には、長い行列ができていてお店の人が忙しそうにしていました。凄く美味しくて、やみつきになりそうな味でした。その後、鴨肉火鍋を食べて夜市に行きました。食べながら色々な物を見え歩きました。とても楽しかったです。2日目に、奇美博物館に行きました。建物の外観は洋風でとても綺麗でした。学生料金もあるので、安く中に入ることができます。もちろんのことですが、中国語で展示してあるので中国語の勉強にもなり、とても面白かったです。

 残り1ヶ月半なので、悔いがない毎日を送りたいです。旅行も台湾にいるうちに、たくさん行きたいと思います。


     

 


サイト内検索

グローバル教育支援センター
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
グローバル教育支援センター
TEL:098-893-7668
FAX:098-893-8932
 

ページの先頭へ戻る