[2017年11月]嘉泉大学(韓国) 平良さん 総合文化学部英米言語文化学科

アンニョンハセヨ、帰国まで約2か月となりました。12月に入り、韓国は気温がものすごく下がってマイナス何度とかの世界で、とても寒いです。ですが、雪も時々降るようになり、沖縄とは違う冬を感じることが出来てとても新鮮でいいです。

 さて、11月の3週目には語学堂の期末考査がありました。今回5級のクラスだったのですが、教科書の筆記のテーマがかなり難しくて対策できそうにないということで、先生が事前にどんな問題が出るか、書く時の構成の手順などを教えてくれて、無事書くことができました(笑)他の技能テストも中間よりも優しい問題だったので、なんとか解くことができました。そして、無事5級のクラスも突破することが出来ました。5級のクラスが最後のクラスマイトがほとんどだったので、試験が終わって、ピチ(ピザ&チキン)パーティーもして、とても楽しかったです。

試験も終わり、語学堂の秋学期が終わったので、語学堂の友達たちとカンウォン道というところへ旅行に行ってきました。カンウォン道はソウルの右上の方にあり、高速バスで2時間ほどで行くことが出来ます。カンウォン道では、ナミソンという島に行くために行ったのですが、ナミソンは、よく韓国ドラマの撮影地に使われたりして有名だということで、今回行ってみました。その日がとても気温が下がった日で、運よく初雪を見ることが出来ました。またカンウォン道はタッカルビというチキンや野菜を炒めた料理がすごく有名で、それも食べることが出来、とても美味しかったです。時間があってナミソン以外も、ロードバイクというものも乗ることが出来てとても充実した旅行だったなと感じました。

短い休みも終わり、11月の最後の日から語学堂の冬学期が始まりました。今学期が最終の6級のクラスなのですが、6級のクラスは普通取る人が少なくて、冬は開校されないことが多いらしいのですが、今年は留学生が2倍に増えたおかげで開かれることになりました。6級のクラスは、月水金がリーディング、火木がスピーキングのクラスと別れていて、教科書の内容もほとんど見たことない文法や表現で、単語も難しいのが多くて、予習してないと結構ついていけないなと感じました。あと、6級にいる子たちの中で来年から大学や大学院に進学する子たちもいるので、そこで必要な一般教養を学ぶって感じの内容でした。

また同じ時期に10月に受けたTopikの試験の結果が出て、私は目標だった5級に受かりました。韓国に来て初めての試験であまり思い通りにはいかなかったのですが、それでも5級を取ることが出来て良かったです。ですが、他の友達は6級を取った子もいて、次の1月のTopikには6級を取らないとなと思いました。

     


サイト内検索

グローバル教育支援センター
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
グローバル教育支援センター
TEL:098-893-7668
FAX:098-893-8932
 

ページの先頭へ戻る