[2017年12月]南ユタ大学(米国) 野島さん 総合文化学部英米言語文化学科

明けましておめでとうございます。12月から1月はクラスが終わりウィンターブレイクの月でした。私は冬休みの間、寮に居ると追加で寮費をはらわないといけないので、去年の沖縄国際大学のサマープログラムで友達になった人達に会いにカナダのバンクーバーへ行きました。皆な今年で卒業だそうで自分も帰ったらどうするか考えないといけないなと思いました。残りの日は他の友達が住んでいるトロントで過ごしました。トロントはとても寒くてマイナス20度とかが普通にあってマイナス一桁行くと暖かいと思うほど寒かったです。ユタも例年だとこのくらい寒くなるそうですが、今年は異例だそうで、今でも一桁台とマイナスをいったりきたりしています。留学して寒さにはとても強くなりました。カナダで冬休みを過ごして感じたことはアメリカより日本人が遥かに多い事です。ですが、アメリカより人種が豊かであり、その為、スーパーには色んな国の食材やスパイスがありました。また、レストランも本格的なものが多くて日本食をたくさん食べました。クラスも無事レベル6に上がる事ができました。レベル6は大学の授業が取れるようになります。レベル5までは語学学校の授業が4時間あるのですが、6では大学の授業を考慮して語学学校の授業が半分になり、もう半分は次のセッションでやります。なのでレベル6になったら授業をたくさんとってみた方がいいと思います。私は授業が半分になることを知らなくて一つしか取りませんでした。私はここで観光学を学びたかったのでホスピタリティーマネジメントというクラスを取りました。そのクラスでは、サービス産業の仕組みや、サービスとは何かと言うことを学んでいます。大学の授業に出れるようになり、環境も大きく変わってくると思うのでついて行けるように頑張ります。



サイト内検索

グローバル教育支援センター
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
グローバル教育支援センター
TEL:098-893-7668
FAX:098-893-8932
 

ページの先頭へ戻る