[2018年1月]韓南大学校(韓国) 山川さん 経済学部経済学科

こんにちは。帰国まで1ヶ月をきったと考えてきれないぐらい毎日毎日が早く過ぎていきます。韓国では相変わらず寒い日々が続いていますが、こんな寒さも沖縄に帰ってきたらもう体験することができないので、最後まで体調管理はしっかりとして残りの韓国生活も楽しんでいこうと思います。

 まず1月の初めには、中間テストがありました。年が明けてすぐだったのでお正月気分も楽しみつつテスト勉強も頑張りました。春学期から語学堂を受けて中間テストも今回で4回目なのでよく受けれたと思います。春学期から語学堂の授業を受けてみて分かったことは、授業の方式は級ごとに変わるということです。4級までは、語彙、文法、作文などで担当の先生が分かれますが、5級6級では課ごとで担当の先生が変わって授業をしました。そして語学堂を通してたくさんの国の人たちと関わることができたこともよかったことです。話をしたことのなかった国の人たちと話すことはとてもいい経験になりました。この1年を通して6級までいけることができて良かったです。

 中間テストが終わると語学堂のみんなで陶磁器作り体験をしました。日本でも体験したことがなく1から自分で作った陶磁器が出来上がったものを見ると感動しました。そのあとにクラスのみんなでピザパーティーをしました。6級のクラスではその他にも先生方も一緒にご飯を食べに行ったりしてとてもいい雰囲気で授業をしています。

 1月の後半には、今年韓国に留学している沖国大のメンバーでカンルンというところに遊びにいきました。去年に沖国大に留学にきていたヨンソさんが色々計画してくれて海を見に行ったり美味しい物をたくさん食べたりして過ごしました。カンルンは今回の冬季オリンピックの開催されるピョンチャンからも近くてオリンピックで盛り上がっていました。今回のオリンピックが開幕して機会があれば見に行きたいと思います。

 留学生活も終盤で私たちよりも早く帰国する友達もいて、1年間一緒にいた友達と別れるのは寂しいですが、沖縄以外の日本人の友達もたくさんできて同じ日本だが文化の違いや価値観の違いもあって日本人の付き合いの中でも多くのことを学べたと思います。留学生活を通して沖縄にいたときよりも視野が広がったと思います。この留学での出会いを大切にして今後に活かしていきたいと思いました。

 帰国まで1ヶ月をきっているのでやるべきことは早めにして帰国準備もはじめていきたいと思います。この1ヶ月はとても早かったので帰国までの1ヶ月はもっと早く感じると思います。留学を通して得られるものは全部持って帰るぐらいの気持ちで残りの時間を過ごしていきたいです。


   


サイト内検索

グローバル教育支援センター
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
グローバル教育支援センター
TEL:098-893-7668
FAX:098-893-8932
 

ページの先頭へ戻る