[2018年1月]レオン大学(スペイン) 小波津さん 総合文化学部英米言語文化学科

1月ももう終わり、ついに残すところ留学生活も4カ月になりました。前学期はオーラル・ライティングテクニック、社会言語学、言語学概論を履修し、多くのことを学びました。とても興味深い授業ばかりで、二学期のクラスも楽しみです。

 さて、学期末にはテストがありました。語学学校とは全く違い、レオン大学は基本、記述式のテストで、3時間以上テストが行われることが普通です。正直、ライティングに自信がなくとても不安でしたが、不可をとることなく授業を終えることができたので一安心です。しかし、満足いくことができない結果に終わってしまったので、次回からは計画を立てながらもっと勉強に励みたいと思います。

 6か月になって、やっと自分の言いたいことがだいぶすらすらといえるようになったと感じてきました。少なくとも、3か月前の私と比べると、大きく成長したとは思います。しかし、まだたまに考えこんだり、英単語を組み合わせたりして、完璧に話せるというわけではないので、さらに頑張っていきたいと思います。

 来月中旬に、現地の友達と一緒にイギリス、ロンドンへ行く予定です。ついに、旅行にも行けてさらに、行ったことのない英国へ行けるのでとても楽しみです。旅行の計画としては、ハリーポッターの撮影場所をめぐる旅や、フリーツアーに参加して、ロンドンの街を歩くこと、ナイトミュージアム2のモデルになったロンドン博物館へ足を運ぶ予定です。映画が大好きな私にとってイギリスは夢のような国なので、とてもうきうきしています。また、本当にごはんがまずいのか確かめるチャンスなので友達と実食したいと思います。

 来学期の授業予定は意味論、言語哲学論、応用言語学、ギリシャ語、イングリッシュグラマー(統語論と形態論)そして統計学を取ろうかと思っています。来学期は前学期よりもさらに忙しくなり、またさらに専門的なことになっていきます。すべていい成績をとれるか心配ですが、ベストを尽くして頑張っていきたいと思います。

 来学期は相当忙しくなるので、この休み期間を使って、たくさん遊ぼうと思い、いろんな友達とFIESTAに出かけています。宅飲みをしたり、クラブに出かけたり、友達の家に泊まってゲームしたりと毎日が充実しています。アストルガという町の近くにマルガテリーアというスペインで一番を争う素敵な村があります。その村は、すべての建物は石で作らなければならないという決まりがあり、村全体がオレンジ色でとてもきれいです。写真にもある通り、日中はその村がオレンジ一色になりとても印象的でした。車がなければ行けないところだったので、友達に送ってもらいました。現地の友達ができる利点はこうやって車でいろんなところに連れて行ってもらえることだと思います。また、六月にはアンダルシア地方のマラガにある、Marbellaという村に行く予定です。沖縄に帰る前にスペインの海を訪れるのでとても楽しみです。

 来月のマンスリー報告は、たくさんイギリスのことを書くので楽しみにしていてください!Chao!!!!

      


サイト内検索

グローバル教育支援センター
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
グローバル教育支援センター
TEL:098-893-7668
FAX:098-893-8932
 

ページの先頭へ戻る