[2018年3月]レオン大学(スペイン) 吉元さん 地域行政学科

 今月はセマナ・サンタ(キリストの復活祭)がありました。レオンの街ではそれを祝う行列がありました。楽器隊が演奏をしたり、蝋燭を持った人たちが歩いていたり、キリストの人形がのった神輿のような者を担いでいる人たちがいたりしました。あいにくの雨でしたが、多くの人たちが見に来ていました。沖縄ではなかなか見ることのできない雰囲気の祭りのような感じがしました。この祭りのときはレモネードを飲む習慣だと聞いたので、挑戦してみましたが、ワインが苦手なので、私には少しきつかったです。ワインが飲める人にとっては飲みやすいと思います。

 このセマナ・サンタの休みで一週間学校がお休みだったので、それを利用して旅行に行ってきました。今回行った場所は、バレンシア・マドリード・セゴビア、イタリアのフィレンツェとローマ、そしてバチカン市国です。

 バレンシアは有名観光地同士が近くにあるので、市内にある観光地はわりとすぐに回り切れました。しかしヨーロッパ最大の水族館は遠くにあったのでそれは別日に行きました。この水族館はかなりおしゃれな建物になっていて外側をみているだけでも結構楽しめました。

 マドリードでは、久々においしい日本食が食べたいと思ったので行きました。レオンは田舎なので、おいしくて値段もお手頃な日本食がないため、旅行中一回は日本食を探して食べています。

 セゴビアは本当に小さな観光地なので三時間くらいで回りきれると思います。ここには白雪姫のお城のモデルとなったアルカサルがあるので、見に行く価値はあると思います。甲冑や武器なども多く展示されていてすごく見応えがありました。

 フィレンツェも小さい街だったので、歩き回りながら街の景色を堪能できる感じが素敵でした。ジェラートもとても美味しかったです。

 バチカン市国は世界一小さな国というだけあって、本当に国なのかと思うほど小さかったです。博物館などに入らなかった場合、30分もかからずに回れました。バチカン市国周辺は美味しいレストランやジェラート屋さんがあるので、ぜひここに来たなら、生パスタなども食べてほしいです。

 ローマは流石有名なところなだけあって、人が多かったです。雷雨に見舞われてかなり大変でしたが、食べ物も美味しくて、街並みも統一感があって行けただけで満足できました。

 イタリアの交通機関はいろいろ適当なので、時間と心、お金に余裕をもったほうがいいと思います。

 一枚目の写真は、バレンシアの水族館の入り口です。本当にどの建物もおしゃれな形をしていました。魚も鳥も多くの種類がいるので、動物好きにはおすすめです。二枚目はセゴビアのアルカサルにあった庭です。とても綺麗に模様が作られていて素敵でした。三枚目はフィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂です。近くで見ると本当に迫力があり、色合いもとても綺麗でした。四枚目はバチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂です。天気が悪くてあまり写真写りはよくないですが、素敵な建物でした。五枚目はローマのコロッセオです。中には入っていないのですが、外からみただけでも十分満足できると思います。

    




サイト内検索

グローバル教育支援センター
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
グローバル教育支援センター
TEL:098-893-7668
FAX:098-893-8932
 

ページの先頭へ戻る