[2018年3月]釜慶大学(韓国) 根間さん 産業情報学科

 こんにちは。2018年度釜慶大学交換留学生の根間です。私たちが韓国に来てもう1ヶ月が過ぎました。韓国に来てから毎日が楽しく、わくわくして過ごしており1日1日がとても早く感じます。韓国についた2月の後半から3月は想像していたよりもとても寒く、沖縄では体験したことのない寒さに驚きました。釜山は沖縄の気温とさほど変わらない聞いていましたがそんなことはありません。とても寒いです。なんと釜山でも雪が降りました。積もるほどは降っていませんがマイナスという気温になってとても寒く、釜山でもペディンは欠かせません。

 私たちが通っている語学堂では平日に毎日9時から13時まで韓国語の授業をしています。語学堂では最初にレベルテストがありそのテストの結果によってクラスが分けられ、それから自分にあったレベルで授業を受けることができます。私はレベルテストの結果3級からスタートしています。クラスのは日本人の他に、中国人、ベトナム人、モンゴル人、ロシア人、スウェーデン人、ウズベキスタン人がいて1クラスに大体20人弱ほどで授業を受けています。いろんな国の人たちがいるので少し戸惑うこともありましたが、いろんな国の人たちと関わることは私にいい刺激を耐えてくれるのでとても楽しく勉強をしています。また、2週間に1度ミニテストがあり4月の初めには中間考査があるので頑張らなければなりません。釜慶大学の語学堂はこの中間考査や期末考査はもちろん大事ですがこの2週間に1度あるミニテストもとても重要です。なので毎日一生懸命勉強しなければなりません。他にも私は大学の授業も受講しており、月曜日と水曜日と金曜日の午後に授業があり、日本語会話の授業と韓国語文化体験の授業を受けています。この韓国語文化体験の授業は毎回本当にためになる授業で、今まで知らなかった韓国のことがたくさん知れます。

 次に寮について少しだけ話します。私は今大学内にある寮に住んでいます。この寮は私たち留学生が住む寮となっており、いろんな国の人たちが住んでいます。寮には洗濯する場所もあるのですが共有で使うので時間によっては洗濯機が使えない時もあります。しかも有料となっており1回洗濯をするのに1,600ウォンかかります。同様に乾燥機もです。また、この寮は1日3食付いていて、朝は7:40〜9:00、昼は11:50〜13:40、夕方は17:00〜18:40までとなっています。はじめの時は寮のご飯が私の口に合わず、お腹を下していましたが今では普通に食べています。それから1日に3食も必要ない人は寮に申請書を出せば1日の食事を減らすこともできて、減らしたぶんだけ寮に払った料金が戻って来ます。その他に、料理をするところがなく一切料理をすることができません。この1日にでる食事にもし間に合わなかったら寮の1階にあるコンビニで食事を済ますか、学校の近くにも安くて美味しいご飯屋さんがあるのでそちらで済まします。

 最後に、私たち留学生(外国人)には釜慶大学のI-Friendという組織が留学生活をサポートしてくれます。ですが、これも自分たちでお願いをしないと助けてくれないので何かわからないことがあったらすぐにI-Friendにお願いをしに行かなければなりません。また、担当の先生も私たちが困っていることがあるとすぐに相談に乗ってくれてとてもよくしてもらっています。

 まだ、1ヶ月しか経っていないので何かと不安がまだまだ多くありますが、自分なりに楽しくなんでも積極的に活動していき、たくさんのことを経験して、充実した留学生活を送っていきたいと思います。

   


サイト内検索

グローバル教育支援センター
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
グローバル教育支援センター
TEL:098-893-7668
FAX:098-893-8932
 

ページの先頭へ戻る