[2018年9月]東海大学(台湾) 名嘉さん 総合文化学部社会文化学科

 10月に入って、台湾も夜は少し肌寒く過ごしやすい天気になっています。 新学期が始まって、新しいルームメイトや、新しいクラスメイトが増え、校内も賑やかになってきました。

 今回のマンスリーレポートは、夏休み中の出来事を書きたいと思います。 8月31日に夏季の授業が終わり、新学期が始まる25日までの夏休みを利用して日本人の友達と二人で、友達に会いに韓国旅行に行ってきました。 私たちは、5泊6日で韓国に行き、最初の3泊はテグ、残りの2泊はソウルで過ごしました。

 華語中心で出会った韓国人のお友達がテグに住んでいて、今回の韓国旅行は全部韓国人のお友達が案内してくれました。

 テグのお友達の家でお母さんの作った家庭料理をごちそうになったりなど、普通の旅行では体験できないような経験をさせてもらいました。

 私たちは、普段の会話は中国語ですが、韓国人のお友達のお母さんは少し日本語を勉強しているらしく、お友達とは中国語、お母さんとは日本語、お父さんは韓国語という状況でした。私はあまり韓国語ができないので、お父さんとたくさんお話しできなかったのですが、いつも優しく話しかけてくれてとても嬉しかったです。

 面白かったのが、買い物をしている時に、店員さんに英語で話かけられても、とっさに中国語で答えてしまうことです。あと、日本人と韓国人が中国語で会話しているので不思議に思われる事もたくさんありました。

 6日間の旅行はとても楽しくて、また絶対にお友達に会いに韓国に行こうと思います。

 9月の後半には中秋節の連休がありました。台湾の中秋節はBBQをする文化があり、私たちも台湾人のお友達の家でBBQをしました。

 中秋節の連休3日間は、街を歩いているといろんな所でBBQをしている光景が見られます。

 今回は初めて韓国と台湾の一般家庭にお邪魔する事ができ、それぞれの文化を体験する事ができて、とても良かったです。留学で、台湾人だけじゃなく、いろんな国の人と交流する機会が増えて、刺激をもらう事がたくさんあります。台湾で出会った縁を留学を終えてからもずっと大切にしていきたいなと思いました。

 (写真は、韓国の家庭料理、お世話になった友達家族、テグ観光、ソウル景福宮、BBQの時の写真です)

  
 


 


サイト内検索

グローバル教育支援センター
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
グローバル教育支援センター
TEL:098-893-7668
FAX:098-893-8932
 

ページの先頭へ戻る